有機栽培・無農薬

他の栽培方法との違い

白井博隆は12年もの歳月をかけ、完全無農薬で、かつどの段階でも農薬や保存料などを入れることのない作業工程を完成。 他には決してまねの出来ないことで、製品に対する安全への誇りとこだわりを持っています。 他の栽培地で行われている農法を「慣行栽培」と呼び、私たちの農法とは区別しています。

では実際にどれほどの違いがあるのか。

これは栽培地の周辺にある他の田七人参の畑で見られたもので、 農薬を使っています。
田七人参は出荷できるようになるまで3~7年と言われていますので、その長い期間ずっと農薬を使っているわけです。
どれほど人体に影響があるかはおわかりだと思います。
色も形も不揃いで、あまり生育状態が良いと言えません。

健康食品の原料として使われるのは根の部分ですが、花がこれでは根の状態も察しが付くと思います。

<農薬を使っている田七人参の花>

これは「有機農法&無農薬栽培」で咲く田七人参の花です。
少し変わったかたちの花ですが、鮮やかな赤色で生命力に満ち溢れています。

白井博隆は、周辺の慣行栽培の様子も勉強のため視察しながら、最高の田七人参をつくるために日々努力を続けています。

<有機農法&無農薬栽培の田七人参の花>