健康になるには「笑顔」「ポジティブ」「楽観的」

病気になりやすいタイプ

東洋医学では、「気」と「血」が正常に機能しなくなると病気になる。

「気」とは、「気功」と呼ばれる生命エネルギーである。

精神と免疫の関係性を研究している精神神経免疫学では、ストレスや性格と病気の関係性の科学的な研究を行っている。

離婚や別居などの結婚生活の破綻を経験して失望している人に、カラダの不調を訴える人が多い。

抵抗力の強さを示すリンパ球の減少がみられ、病気にかかりやすく治りにくい状態になる。

次のような人が病気にかかりやすい

・悲しみや辛いことがあった時に、自分の感情をうまく表現できない人

・自分の感情を押し殺している我慢強い人

・ネガティブに物事を考えて、落ち込む人

・ストレスを溜め込んで発散できない人

・自分のせいだと自分を責める人

以上のような性格で、無気力、孤独、絶望感を感じやすい人は、肺炎、結核、心臓病、ガンといった病気にかかりやすい。

東洋医学では「悲しみは肺を破る」と言われているように、悲観的に考える人は、肺炎、肺ガンの発症率が高くなっている。

人生はいつも笑顔で、ポジティブに楽観的にものごとを捉えた方が幸せで健康になれる。

血液循環は昼と夜では違う

人間の血液は、人類の進化と共に、今の成分や濃度へと進化してきました。

その自然な流れを無視して生活をしていると病気になってしまう。

人間本来がもっている自然治癒力をいかしていれば、病気は自然に治っていくのである。

血液は思考するときは「脳」に、食事のときは「消化器系」に多く流れるようになっている。

とくにカラダを動かす昼間は、心臓に多くの血液を送り出すようになっている。

そして夜は、ホルモンの分泌を促進したりして、骨格系や内臓機能の回復のために血液は肝臓に戻ってくる。

昼と夜の血液循環のスイッチの切り替えは、眼を開けたり閉じたりで「眼」がおこなっているのである。

眠るときは眼を閉じて、朝起きると眼が覚めスイッチの切り替えをおこなっている。

これが人間のカラダの自然な流れなので、昼と夜を逆にするような生活をおくると、当然カラダの不調を起こし、病気になりやすい状態となる。

究極の運動は「寝ること」

人間の生活は、昼は働き、夜はその疲れをとるために眠る。

カラダを酷使せず、カラダが欲する自然のままに生きていれば健康でいられる。

東洋では、日舞や太極拳など複式呼吸をメインとする「静の運動」がある。

腹式呼吸は、血液の浄化につながり健康になることができる。

筋肉を適度に緊張させ、刺激をしながら内臓に気をめぐらす「座禅」が代表的である。

お釈迦さまの「涅槃物(ねはんぶつ)」。

カラダを横たえたまま、脳や内臓だけを働かせる究極の状態である。

つまり、必要最低限の動きで健康になる。

究極の運動は「寝ること」である。

日常生活の中では、なかなか「涅槃仏」にはなれないので、散歩をしながら腹式呼吸をするのが現実的で良いだろう。

昼間は活動して、夜は筋肉や内臓を休ませ「寝ること」が人間界の摂理であろう。

参考文献 玉川学園・岡田医院院長 岡田研吉
     「田七人参健康法」きれいな血液が万病を消す!

血液の流れをサラサラにするサポニン成分
有機栽培&無農薬の田七人参「白井田七」サプリメントはコチラ→

  • 記事を書いた人

    松本哲也

    福岡大学を卒業後、福岡地場中堅の広告会社30年間勤務。営業、制作、業務管理の取締役を経て退職。2012年に有機栽培&無農薬の田七人参「田七堂」を設立。事業のかたわら、整骨院・整体師として年間2000人の施術をおこないつつ、人々のからだとむきあう。その後、からだだけのアプローチでは健康にはなれないと悟り、心理カウンセラーとしてこころへのアプローチをおこなう。有機栽培&無農薬の田七人参の大いなる自然のパワーに惹かれ、こころとからだと自然の完全なる調和を目指して活動を実行中。