田七人参の栄養価

田七人参の高い栄養価

田七人参には天然の主成分である「サポニン」を中心に栄養成分がたくさん含まれています。サポニンにおいては現在判明しているだけでも32種類確認されています。

さらにサポニンの含有量は、高麗人参(朝鮮人参)の4倍以上も含まれており、心身の滋養や健康維持に田七人参を飲む人が増えています。
また、サポニン以外にも、田七ケトン、有機ゲルマニウム、フラボン配糖体、アセチレン化合物、デンシチン、植物ステロールなどの機能性成分のほか、食事だけでは摂取しにくいとされるビタミン類、カリウム、鉄分、亜鉛、マグネシウムなど大切なミネラルなどの栄養性成分もバランス良く含まれています。

<栄養価の高い「サポニン」とは>

サポニンとは、その水溶液が泡立つ性質(発泡作用)を持つことから、シャボン(石鹸)を語源に名づけられた成分で、田七人参の働きの中心をなす成分です。

またサポニンは、分子の中に水になじむ部分(親水性)と油になじむ部分(疎水性)とが共存しているため、石鹸と同じように油を溶かし、水で洗浄できる界面活性作用があります。この界面活性作用は浸透性が非常に高く、サポニン自体はもちろん他の主要成分も合わせて体内への浸透性を高くすることが特徴で、主要成分が体の隅々まで行き渡りやすく、心身の滋養や健康維持に役立つといわれています。

<サポニンだけではその「力」を発揮しない>

サポニンとは、その水溶液が泡立つ性質(発泡作用)を持つことから、シャボン(石鹸)を語源に名づけられた成分で、田七人参の働きの中心をなす成分です。

私たちは、田七人参の主成分であるサポニンについて大手製薬メーカーの協力のもと独自の試験を行いました。その結果、サポニンの成分単体のみを取り出して試験を行っても数値にほとんど変化は現れませんでした。 実際には、サポニンだけでなく、田七人参に含まれるいろんな他の成分と一緒になって初めていろんな数値に変化が現れることが分かりました。
つまり、田七人参はサポニンだけでなく、他の成分も合わせて摂取して初めて意味あるものになるわけです。